BLOG

リスティング広告 ーー最近よく耳にするけど、どんな広告!?ーー

sunamerryサン・アメリー

近年、広告というとオンライン広告の「リスティング広告」が主流になってきました。
よく質問を受けるので今回はリスティング広告についてまとめてみました。
ご自身の会社や店舗運営の参考にしてください。

リスティング広告とは・・・

リスティング広告とは、皆さんの身近にある検索エンジンであるYahooやGoogleが展開するプロモーション広告のことです。

代表的なリスティング広告は、Yahooの「Yahooプロモーション広告」、Googleの「GoogleAdWords」と呼ばれ、多くの企業が導入しています。

大きく分けると検索結果に広告を表示する検索連動型広告とWebページに表示するコンテンツ向け広告の2種類があります。
・検索連動型広告– ユーザーが検索したキーワードに連動して広告を出稿できます
検索結果上部に表示され皆さんもよく目にしていると思います

・コンテンツ向け広告– コンテンツ内のページやブログ上にGoogleAdsenseが設置されているページにバナー(画像)で広告が設定できます

では、GoogleAdWordsを例にあげて詳しくリスティング広告のことを少し見ていきたいと思います。

 

Google 広告

Google 広告(GoogleAdWords)は、企業が Google 検索や YouTube などのサイトで商品やサービスを宣伝できるオンライン広告です。
広告掲載の目標として、電話での問い合わせやサイトへの訪問を促進するといった特定の目標でも指定できます。
Google広告アカウントでは広告の予算とターゲットをカスタマイズでき、いつでも自由に広告掲載を開始、停止できます。

 

Google広告の仕組み

Google 広告では、あなたが扱っている商品やサービスをユーザーがオンラインで検索したときに、あなたの広告が表示されるようになります。
顧客になる可能性が高いユーザーに適切なタイミングで広告が表示されるよう仕組みがされています。

(運用方法)

  1. ウェブサイトへの訪問数を増やす、電話での問い合わせ件数を増やすなど、ビジネスの目標を選択
  2. 広告を表示する地域を選択します。ビジネス拠点の周辺だけにしたり、市区町村、都道府県、日本全体をターゲットにしたりすることも可能
  3. 広告を作成し、 1 か月の予算の上限を設定する

広告が承認されると、設定したターゲット、地域にいるユーザーがあなたのビジネスと同じ商品やサービスを検索したときに、広告が表示されるようになります。
お支払いが発生するのは広告をクリックする、店舗に電話をかけるなど、広告に対してユーザーがなんらかの操作を行ったときのみです。

 

Google広告の種類

Google 広告の基本的なタイプは 3 つです。

  • 検索ネットワーク – 通常はテキスト広告が使用され、Google 検索で同様の商品やサービスが検索されたときに、検索結果ページに表示される。
  • ディスプレイ ネットワーク – 通常はイメージ広告が使用され、ターゲット ユーザーが利用するサイトやアプリに広告が表示される。
  • 動画 – 通常は 6~15 秒の動画広告が使用され、ユーザーがYouTubeのコンテンツを再生する直前や再生中に表示される。

その他の高度なタイプ(ショッピング、ユニバーサル アプリ など)もあります。

 

広告の種類:CPC(クリック単価)・PPC(クリック課金型)

CPC(クリック単価)または PPC(クリック課金型)は、ユーザーが広告をクリックした場合にのみ、お支払いが発生することを意味します。

その他、次のような広告モデルがあります。

  • インプレッション単価−広告が(クリックではなく)表示された回数に基づいて、お支払いが発生
  • エンゲージメント単価−事前に指定したエンゲージメント(動画広告の視聴など)をユーザーが達成したとき、お支払いが発生。

 

Google 広告の費用

Google 広告の費用は、予算設定によって異なります。
料金が発生するのは、広告に対してユーザーがなんらかの操作を行ったときだけです。
ユーザーが広告をクリックしてサイトを訪れたり、表示された広告から店舗に電話をかけたりした場合などに料金が発生します。、
Google 広告には最低利用額や契約期間などの条件が一切ないため、いつでも広告掲載を停止できます。
1 回のクリックや通話の発生によってかかる費用は、いくつかの要因により変動します。

また広告を掲載して終わりではなく、広告配信後の結果を見ながら予算や設定を調整できる「運用型広告」でもあります。
基本的にはクリック課金となるため、ユーザーがサイトに訪れなければ広告費はかかりません。

 

消費者行動モデルAISASで考えるリスティング広告

AISASは、Attention(注意・認知)、Interest(興味)、Search(検索)、Action(購入)、Share(共有)の頭文字になっています。
多くの人はこの順番で消費活動をすることが考えられています。
リスティング広告では、Action(購入)の直前となるSearch(検索)のプロセスで広告を出稿することができるため効率よく新規顧客を獲得できます。

 

リスティング広告の強みと弱み

リスティング広告の強みは広告が表示された回数、クリックされた回数、広告費、問い合わせ件数を確認ができ、
そしていつでもオンライン上で入札単価や広告の文章を編集でき、柔軟な調節が可能です。
狙ったユーザーのみに広告を配信することもできるため費用対効果が高くなります。

リスティング広告の弱みは、オークション制の広告費になるため、競合によりクリック単価が大きく変わります。
競合がいないキーワードであれば1クリック1円から広告を出稿できますが、競合が多い場合は1クリック1000円かかる場合もあるのです。

 

注意点

リスティング広告を行えば必ず売り上げが上がる、というわけではありません。
まずは自社サイトを見てもらい、その後購入や申し込みへつなげるために競合製品や他社サービスより魅力がないといくら広告でユーザーを集めても結果は出ません。
売り上げを伸ばすには魅力のあるライティングページ(広告をクリックした際に表示するページ)を作成するかという点も考えていきましょう。

関連記事一覧

  1. sunamerryサン・アメリー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

ブログ投稿

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP