BLOG

( iPhone版)AirDripの受信を制限する

AirDripの受信を制限して安心に利用する

皆さん、AirDropの機能をご存知でしょうか?

iPhone同士やiPhoneとiMacなど、端末同士が写真などのデータを受け渡すことができる大変便利な機能です。

しかしこの機能を悪用すると、周りにいる知らない第三者から勝手にデータを送りつけられるということができてしまい、最近問題になっています。

まずは自分のiphone の設定で第三者からの受信を制限することが大切です。

以下、受信を制限する方法を記載します。

AirDripの受信を制限

1)設定>一般>AirDripを選択

2)「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」と3種類の選択肢が表示される


「受信しない」・・・すべての人からデータを受信することを制限
・「連絡先のみ」・・・連絡先に登録済みの方からのみ受信可能
・「すべての人」・・・誰からでも受信できることができる

 

3)「受信しない」を選択

※AirDripは使うけど、知らない人からデータを送られたくない場合は「連絡先のみ」にしておきましょう。

AirDropを利用してデータを送る側は、

周りにいる人の中から送信先を選択できるようになっています。

下記がAirDropを使って写真を受け渡そうとしている画面です↓

 

その際に相手に表示される名前は、

「設定」>「一般」>「名前」で設定されたものです。

ここはご自分で好きな名前に変更可能です。

 

上記、受信の制限をすれば問題ありませんが、

念のためご自分のiPhone本体の名前を変更しておくと更に安心ですよ。

検証環境:iOS12

関連記事一覧

  1. サンアメリー Sunamerry
  2. サンアメリー Sunamerry
  3. サンアメリー Sunamerry

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINE公式アカウント

ブログ投稿

2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP